宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 10日

オウバードフォース アフター②

昨日の続き

ミッション8:敵本星で哨戒部隊と遭遇
なんて事無い普通の戦闘マップ
ただ、前後左右上下といろんな方向から来るのがちょっとめんどくさい
セオリーどおり待ち伏せの各個撃破でささっとクリア

ミッション9:敵の偽装艦隊を発見する
作戦開始前の指令書に
「行方不明の友軍艦隊の探索」とあるのだが、どんなにマップ中を探し回っても見つからない
輸送艦隊に偽装した敵にやられたんだろうが、初めてプレイした時はこのマップで船が増えると期待して
1週間ぐらいいろいろ試してた記憶がある
岩が邪魔で隊列組んだまま動けないし、艦載機がうじゃうじゃ飛んでくるのでイヤラシイ
艦載機無視して、敵艦にザガルートとセグロータを一気に全部撃ち込んで、残りはレーザーで始末した

ミッション10:デトロワ艦隊との決戦に参加
急に敵の数が鬼のように増える
戦艦はいないものの、23隻もの大艦隊 しかもボルザック付き
と一見難しそうに見えるのだが、敵はなぜかアマティス艦隊を優先的に狙うので
回り込んで後ろから撃ちまくる
完全に餌になったアマティス艦隊は最後艦載機1機残して全滅w
ちなみに、できるだけ経験値稼ごうとボルザック後回しにしてたら、沈める前にモラル低下で敵が降伏した

---------------------------------------------------------------------------------
好きな艦船解説①
>デトロワ連邦共和国軍 カリオン級駆逐艦(ミサイル艦)
---------------------------------------------------------------------------------
デトロワ連邦の駆逐艦だが、主にはミサイル艦と位置付けられている
装備が近接防御兵装ZSU以外は全てミサイルなのが理由である
(ZSU:デトロワ製のCIWS)
そしてこの船の何よりも恐ろしい点はアサルトドローン:ガロック7を3組装備している事だ
デュミナスのアレギウスやオルキスのエルガウェイン、アマティスのダグレントのような重戦艦でさえアサルトドローンは1組しか搭載してない事からも、これがどれだけ凄い事なのか理解して頂けるだろう
(ガロック7:デトロワ製のアサルトドローンで要塞砲を除いた全ての兵器の中で最高の破壊力)
その他にも中距離対艦ミサイルSMMリグ20E 対空ミサイルSAMラゼルも装備しており、どの様な状況においても対応できるだけの能力を兼ね備えている
欠点としては駆逐艦の平均値からも劣る船体スペックと巡洋艦以上の質量を持つ艦との近接船に弱い事だが、デーベルンやゼークトル等の後方より、支援攻撃艦として運用する事で十分カバーできるだろう
CPUのカリオンはがんがん突っ込んできて、レーザーでタコ殴りに・・・・

いろいろと有益な使用方法は浮かぶものの、オウバードフォースアフターにおいてデトロワ連邦共和国の艦は唯一プレイヤーが使用できないのだ
これは私がこのゲームの中で最も気に食わない部分でもある
[PR]

by K_sasajima | 2005-11-10 22:40


<< オウバードフォース アフター③      オウバードフォース アフター① >>