宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2005年 11月 13日

オウバードフォース アフター④

ミッション15:敵の海中要塞を攻略
前のマップで出てきた潜水艦がまた相手
普通ならそれほど大変じゃないんだが、自分の艦隊が3方に分かれて配置されてます
包囲して殲滅する作戦のつもりだろうが、そのまま戦うと某銀河の戦いであるアスターテ会戦の再現になります^^;
とりあえず左右の艦隊を中央に合流させるまでが大変だった
対艦ミサイルで駆逐艦が事実上の航行不能状態に陥って、旗艦で助けに行ったり
全部合流させるのまってたら弾が尽きそうになったので、駆逐艦隊を一気に下降させて
敵の潜水艦隊を後ろからつついてなんとか倒した
(本当なら戦艦が2隻いるんだが、経験値の為に駆逐艦を使っているから余計に大変w)

ミッション16:襲われたアマティス軍を救出
対デトロワ戦争が終わったものの、戦後処理でアマティスとオルキスがいろいろもめている状態でアマティス艦隊が所属不明艦隊に襲われます
序章で和平調印式に来ていた5カ国の艦隊を全艦沈め、戦争を激化させる原因を作った所属不明艦です
救出というミッション名ですが、アマティス艦隊及び所属不明艦隊と自分の艦隊の距離が広すぎて何も出来ずに終る
襲われていたアマティス艦隊が全滅したところで、所属不明艦はジャンプして消え、そこに友軍の救難信号を捕らえたアマティスの増援艦隊が到着
唯一その宙域に残っていたオルキスの艦隊が疑われ、2国間の関係は最悪の方向へ向か事になります

ミッション17:亜空間突入時に襲撃を受ける
前のマップでは戦闘には突入するまで至らなかったものの、報告を受けたアマティス本国はオルキスへ艦隊を進めます
主人公艦に記録された戦闘記録を持ち帰りアマティスとオルキスの衝突を防ぐ為に、亜空間ゲートを使用した超空間航行による本国帰還準備を始めたところを所属不明艦の襲撃を受けます
3隻ですが、このマップでは初めてこの所属不明艦を撃沈できます
しかし、物凄く性能が良い為たった3隻相手に11隻が集まってもかなり手間取った
ただのレーザー攻撃でも駆逐艦なら4発で轟沈します

ここで共通ミッションは終わります
ここからは4つのルートに分かれています
まずは、やはり前作をプレイした事のある人なら必ずやるであろう、デュミナス編へ

デュミナス編ミッション1:所属不明艦の攻撃を受ける
デュミナスへの亡命に成功、対デトロワ戦争での功績を知るデュミナス軍部は主人公を一時的にデュミナス宇宙艦隊に編入し、艦を与えてくれます
オルテウス級戦艦1 アレギウス級戦艦1 ブレナント級巡洋戦艦1 レオニダス級空母1 アムレード級空母1 コーバック級巡洋艦2 テレダイン級駆逐艦4
デュミナスの艦はオルキスに比べて、耐久度が低めでシールドが高めになっているのでレーザーにはやや強く
レーザー兵装が多めについている代わりにレールガンが少ないという特徴がある
艦の性能的にはオルキス、デトロワ、ラファリエスを相手にするのは得意だが、アマティスや所属不明艦を相手にするのは結構苦手なスペックだ
ちなみにこのマップは亜空間航行中に所属不明艦があらわれ、少し交戦すると主人公艦隊を亜空間から無理やり引っ張り出して逃げてしまう
しかし、これは早くオルキスへ向かいたい主人公達にとってはかなりの痛手である

今更だか、エミリア星系ではゲートを使った亜空間航行は大分浸透しているが、ゲート抜きの亜空間航行はまだ確立されていないとされる技術である


---------------------------------------------------------------------------------
好きな艦船解説③
>デュミナス王国軍 アレギウス級戦艦
---------------------------------------------------------------------------------
前作の主人公艦の最終艦であった船
横三胴の独特な多胴船体が特徴的で、船の性能も星系トップクラスだ
デュミナスは星系内で最も歴史が浅い惑星だが、その兵器技術力は非常に高い
王政を取っているが、非常に優れた指導者の元急速に発展を遂げ、国民の愛国心も非常に高いとされている
このデュミナスの政治形態は私自信一番すばらしい物だと思っている(民主主義には闇が多すぎる・・・
話はそれたが、この艦は前作、デュミナス戦役後期に完成した新鋭艦で、この船の存在が勝利を導いたと言っても過言では無い
今作ではオルテウス級に一級艦の座を追われてしまっているのが正直分からない
質量的に、構造的にどう考えてもアレギウス級の方が強いはずだ
そして、やはり見た目美しいのも好きな理由としては大きな部分を占める
三つの船体の並び、接合部、巨大な左右の船体後部の大型エンジンの噴射口
この艦が弱いはずが無い、といオーラが全体から出ているような雰囲気がある
ゲームシステム上の都合だとは思うのだが、少々武装の配置場所に関して疑問点が多いのがもったいない点かな
[PR]

by K_sasajima | 2005-11-13 23:03


<< 行き過ぎた対策と、ユーザーの思惑      ローゼンメイデン トロイメント... >>