宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 10日

舞乙HiME 第26話(終)

やっとこさ最終話、やっぱり寂しいですねえ。

----------------------------------------------------------------------------------------------




d0007329_13352876.jpg

なんかセルゲイさんは結局二ナにノータッチだったみたいですね。ここで手を付けておけば、この後もう少し平和的だったかもしれないのにな。なんども言うようだが、今回はこの男が争いの最大要因だな。

5柱-1の一斉マテリアライズはしびれました。まあ、ちょっと皆さん暴れ足りない気もしますが、全26話に押し込むとそうなってしまうのは仕方ないのかもしれませんね。

d0007329_13374075.jpg

ハルモニウムの竜巻を総出で抑えようとするシーン、なんかマイだけ違うリング出てます。

どこかの海底で怪しいことやってたミユさんは乙女の限定解除をやってたみたいです。あのシルエット・・・ディスペランっぽいな。(工画堂より発売されている、シュバルツシルトシリーズ参照) 一番右下のマークは何処かで見たことがありますね。

d0007329_13394826.jpg

全員変身した後に取り残されるハルカちゃんがまたなんとも。お姉様と呼ばれるナツキってのも新鮮だ。アインお姉様素敵。(ぉぃ

d0007329_13421876.jpg

カルデアの艦隊登場。カルデアの砂上艦は珠洲城を除く他国の艦と比べて圧倒的にカッコイイ。乙女をカタパルトから飛ばす必要ってあるんだろうかと疑問に思った。

ナギの命令で出されたオリジナルスレイブって前作のミコトのチャイルドかな??

d0007329_13441086.jpg

オリジナルスレイブの大群を引き受けたハルカちゃんとシズルさん。この2人のライバル関係はいいですね。今まで2人一緒に出てくる回数も少なかった上に、一緒に戦うのは事実上これが最初で最後か。

すごーく気になったのが、物凄く離れた場所で間違えたハルカの言葉にユキノがつっこんだシーン。君らもう心の深層で繋がってますか?

d0007329_13461368.jpg

ここにきてやっとマイスターローブでの戦闘が見れたサラとナオとマキマキ。この最終決戦だけでも5・6話かけてじっくりやって欲しかったなあ。折角個性的なキャラが多いのに、それぞれが一瞬しか出てこないし・・・。

d0007329_134885.jpg

ネコ耳と黒いの現る。アカネのマイスターローブは石の名前「清恋の孔雀石」のわりに露出が多いな。ナオの「あんたまだ乙女なの?」って台詞に反応するアカネがなんとも可愛い。

d0007329_13512630.jpg

アリカ達が城に突入したところで謎の乙女が出現。この金髪の美女がミス・マリア・・・・・。しかもめちゃくちゃ強いという。ナノマシンが活性化したお陰で若返ったのだろうか? 一応全体的にシリアスな展開なのに、一瞬場が和んだ。

d0007329_1354071.jpg

アリカと二ナの対決が始まる。アリカのローブが覚醒したもんだから、二ナのローブがますますダサく見える。アルタイ=中国ってことでチャイナドレスをベースにしたデザインなんだろうけど、ちょっと間違えた感じがする。

d0007329_1356062.jpg

武器を巨大化させて撃った二ナの一撃をそのまま軽く受けしのいでしまうアリカ。蒼天の青玉の力ってそこまで強いものだったのか。

アリカの言葉に戦いをやめようとした二ナがハルモニウムの暴走した力に取り込まれる。武器が前作でミコトが持ってた剣になるし、目の感じが黒曜の君まんまだ。

d0007329_13585798.jpg

暫く打ち合いが続くのかとおもったら、アリカがスーパー・・・・になって突撃したらあっさりと終ってしまう。もしかしてアリッサの血筋って人間とちょっと違うのかも。

d0007329_1404588.jpg

落ちていく二ナをアリカが追う。ローブが大気摩擦で崩れたのに、裸の2人が無事な理由が謎。右上のシーン、直前まで2人がキスするのかと期待した私は救いようが無いw

のこったナギが拘束されるが、この子ぜんぜん緊張感がないな・・・。

d0007329_1424647.jpg

ナギとその他怪しい人たちは黒い谷でミコトが監視する事になった・・・のかな?詳しい発言が一切ない。ミドリ達への技術提供がどうなったのかも謎。

なんというかナギのやったことって、単純にわがままな子供が権力を握ったらどうなるかって事だったような気がしてきた。

d0007329_1423192.jpg

最後の最後、やっとマシロのデザインどおり(?)花のオブジェの付いた城が完成する。

セルゲイは助かったものの記憶を失ったみたいで、二ナがその世話をしてた。何も知らないセルゲイにすり込みを行う気だw


これで終りだけど、どうも話のスケールのわりに話を無理矢理短くしてる感じが要所要所にあるんですよね。
ミユとレナの関係
前作アリッサと血がどうやって受け継がれてたのか
マイ失踪に関するさらなる詳細
ミーヤの扱い
ハルカ&シズルの話
シズル&ナツキの話
アカネ&カズヤの出会い
サラに関して
カルデアVSアスワド戦後の処理
各国の位置関係
セルゲイとナギの出会い
マシロの出生のヒミツ
まだまだありますけど、4クールで制作しても多すぎるとは言えないほどのスケールがあると思う。
制作費や放映するTV局との関係ってのが大きいんだろうけど、もったいないと思ってしまう。
[PR]

by K_sasajima | 2006-04-10 16:33 | アニメ関連


<< 懺悔(ど忘れ      小沢代表汚ねぇ・・・ 民主党は... >>