宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 02日

ハヤテのごとく①

今まで買おうか買うまいかずっと悩み続けていたところに、先月中旬頃古本屋で
かなり状態の良い1~7巻を発見、即買ってしまった。
読み始めた初っ端からとある違和感があったのですが、それはネット上で検索かけるうちに
あっさりと判明。
「畑健二郎」はかってに改造を書いていた「久米田康治」の弟子だった・・・・。
全体的な絵の雰囲気やテンポやノリが本当に良く似てる。
コマ割りや吹き出しの配置も良く似てるかな。

ちなみに私が好きなキャラベスト3は
1>マリア
1>桂 雛菊(ヒナギク)
3>鷺ノ宮 伊澄
マリアさんとヒナギクさんは2人ともかなり不幸な幼少時代送ってますよね。
マリアさんは3歳の時に教会のマリア像の前に捨てられていたところを拾われたから
名前がマリアになったという話だし、
ヒナギクさんはハヤテと同じように借金で両親が失踪してる。
この2人のどちらかでも幼少時代が幸せなものだったなら、そっちが確実に2位
になってたんでしょうけどね。

ちなみに
ヒナギクさんが剣道やってるという設定は好きだ。
その胴着をくれーー!! とか思ってたら、それじゃ東宮と同レベルか^^;
ナギが「だって、剣道の面ってスゲー汗くさいし。」って言うところで
「ヒナギクさんのならオールオッケイじゃー」と思ったのは私だけではないはずだw
[PR]

by K_sasajima | 2006-11-02 21:28 | 漫画関連


<< 購入予定ゲームメモ      今期アニメに関して① >>