2007年 02月 10日

日本沈没

ようやくというか、今更というか、昨晩「日本沈没」を見ました。

まあ、こんな状態にはならないと最近の研究で分かっているという事に関しては
この映画自体リメイクなので気にしないとしても、どうしても気になる点があります。

主人公の男(名前忘れた)は、どうやっていろんな場所にポンポン移動してたんだ?
好きな女の所、その女の家族、研究者の所、自衛隊の仮設基地。
まともに車すら走れないようになっているあの状態で、どうやって???
さっぱり分からないというか、それが異常過ぎて映画全体がファンタジーっぽく
見えてしまった。

あとは、あれですね。
日本映画の演出の臭さというか下手なところというか。
仮設基地で抱き合ったり、へリが飛び立つ前のシーンとかやけに長いですよね。
こういうスペクタクル系の映画ってこうドンドン盛り上がっていくようなテンポが大事なのに
急にシーンとして「きゃっきゃっうふふ」みたいなシーン長々と入れられると一気に冷める。

一番好きなシーンは、プレート破壊する為に行った爆発ですかね。
大爆発が連発でちょっとシビレタ。

日本以外全部沈没の方が面白いのかな?
[PR]

by K_sasajima | 2007-02-10 21:35 | 時事/日常関連


<< Yes!プリキュア5 について      SCAPE-GOD(スケープゴッド) >>