宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 07日

ひでぇ話だ

一週間以上前の話なんだが、TVで結婚せずに精子バンク利用して出産する話やってたんだわ。

女性が社会的地位を手に入れやすくなったせいで(と断言すると怒られそうだけど)

男女の関係が上手く行かないケースが増えてきた最近では、女性が安全に出産できる年齢内に

出産するにはそういうサービスを利用しなきゃいけない場合もある事は理解できる。

だけどこれには2つの問題点がある。



1つは女性が子供を得る為に男性を直接必要としなくなる点だ。

子供は両親に育てられるべきである、これはあえて言うまでもなく常識的な事だ。

離婚した女をシングルマザーだとかかっこよく言ってますが、それは片親に育てられる子供に

どういう影響が与えられるかをまったく考えていない現在の社会情勢そのものと言える。

離婚するよりは遥かにマシではあると思うのだが、精子バンクを利用して産み落とされた子供は

自分の出生に不安を抱かないのだろうか?

結局は生む母親の立場、都合などしか考慮しておらず、それによって生み出される命になんの

責任も感じていないのではないだろうか。

同時に、女性が精子バンクで子供を産んだ数だけ、あぶれる男が出てくるという問題もある。



もう1つは圧倒的な男女不平等さである。

私的にはこちらの問題のほうを重要視している。

女性は精子バンクだけ利用すれば、自分で妊娠して自分で出産するだけである。

だけと言ったら怒られそうだが、ここではあえて”だけ”と言っておく。

では男性の場合はどうしたらいいのだろうか?

独身で子供が欲しいと思っても、どうしようもないのが現在の状況である。

たとえ卵子バンクなんてものが存在しても、自分で妊娠することなど不可能だ。

それに男性だけで子供を育てることには社会的に不適格とされがちで、たとえば離婚した両親

が親権を争った場合、多少母親に性格的問題があったとしても母親に親権が行く場合が多い

という事からもこれが裏付けられている。

たとえ特例的に男性がシングルファーザーになることが認められても、またそこから代理出産

してもらう女性を探さなければならない。

精子に比べて卵子は圧倒的に値が高い上に代理出産にもとんでもない金がかかる。

しかも失敗率も精子バンクを利用する女性と比べて遥かに高い。

これはなんという不平等なのだろうか。

精子・卵子バンクを社会的に認め広めていくならば、せめて金銭的な面で平等に子供が

手に入るようにするべきだと思う。



しかし、男女平等言ってるやつらの発言見てると、男女平等にしたいんじゃなくて、女尊男卑に

したいようにしか見えないよね。
[PR]

by K_sasajima | 2007-10-07 22:09 | 時事/日常関連


<< 戦国BASARA      どうして後が続かない・・・・ >>