宇宙と戦艦と百合の花

feito.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 24日

何から何まで百合ってゆーなぁ~

最近、女の子同士が少しでも絡んでいると百合要素にされてしまう事が増えてきた気がします。

でも、そんな程度で百合なら、現実的に一部を除く全ての女性に百合要素があることになってしまう。

それはちょっとおかしいだろうと・・・。

なんで急にこんなこと言っているかというと、原因は25日発売のアルトネリコ2です。

公式HPやフラゲした人がアップした動画の一部を見ると、あからさまに狙った百合シーンが

あるのですが、その他の動画も見たり、公式のストーリーやキャラ紹介を良く見ると、

結局主人公の男×ヒロイン候補の誰かでENDを迎えるゲーム(だと思う)なんですよね。

買おうかどうしようか迷ってはいたんですが、結局ガセ百合をプレイするとかえって

変なストレスがたまりそうなので止めることにしました。

私の感覚はノーマルな人にはわかり難いでしょうが、たとえばつよきすを思い出してください

あのゲームにはあからさまに攻略対象である女キャラが沢山いますが、

ゲーム中ではどんなにがんばってもレオかフカヒレENDのみだったらどう思いますか?

これ以上内ほど濃厚な薔薇シーンを見せ付けられても平気でしょうか?

つまりはそういうことなのです。



やっぱり百合というのは最終的にどうゴールするかが大切だと思うんですよね。

女子高時代に好きな先輩がいました

告白したら付き合うことになってキスもしました

でも大学生になったら自然消滅して

その後何人かの男と付き合って

何人目かと結婚して子供を生みました

ってのが百合だと思えますか?

絶対ちゃいますねん。

ライトな百合が嫌いというわけじゃないのですが、その物語の中で結局男とくっ付いてEND

となるならば、初めから百合要素などないほうがマシです。



私的にはやっぱり"続く百合"の方が好きですね。

具体的に言うなら、少女セクトのメインの2人とか、春夏秋冬の先生ズとか

神無月の巫女とか、いおの様ファナティクスとか、そんなところでしょうかね。

ヴァンドレッドのメジェールとかBLUE DROPのアルメとかもアリですけどね。
[PR]

by K_sasajima | 2007-10-24 21:56 | 百合関係


<< 三国無双5 プレイ後感想①      三国無双5 >>