カテゴリ:漫画関連( 10 )


2007年 06月 08日

読者をなめとんのかー!

なんか、面白いと思って読んでたら、いろんな理由で打ち切られる漫画が最近多いですよね。
フィクション物ってさ、最後まで見て、それで結果的にどうだったかを評価すべきであって、
途中ちょっとマンネリ気味の展開があっても、それが後の伏線になってたりするじゃないですか。
途中で打ち切られちゃうと、そういうものが一切出てこないで終わっちゃうので、かなーりイライラ
しますよね。

とりあえず特にそう思ったものを数点。

まずは、有名な「ローゼンメイデン」。
出版社とのトラブルがどういうものだったのかはっきり公表されていないのでなんとも言い難いのですが、
ピーチピットも読者の事を考えたら、もう少し考えて欲しかったですねぇ。
出版社の対応がそれこそ耐えられないようなものだった可能性も無きにしも非ずなのですけどね。

次は月刊少年ジャンプに連載が始まったばかりの「エトワール-三銃士星羅-」。
エトワールと言っても静馬様とは関係アリマセン。
以前ファイアーエムブレムの漫画を描いていた人の新作で、なかなか面白いのですが、
月刊少年ジャンプが休刊するために、なんと単行本たった2巻分で打ち切り決定。
今の週刊のほうのジャンプ、つまらないの多いから入れ替えて欲しかったよ。

とりあえず最後に「まるごと杏樹学園」。
以前がーでぃあんはーつを描いていた天津冴の作品なのですが、明らかに打ち切りっぽい。
確かにちょーっとベタなラブコメで、展開的に新鮮さは感じないのですが、個人的には世界観が大好きです。
最終巻となってしまった3巻で覚夜がとりあえず目的を果たしたように見えるのですが、
この世界観ならどちらかと言えば、メインはこれからだったように思えます。
あの世界での妖怪と人間の関係とは、学園を卒業した主従の行き先、などなど、見所となるだろう
展開はいくらでも想像できます。
もしこれが、作者の望んだ形での終了だとするなら、天津冴への私的評価を下方修正するでしょうね。
[PR]

by K_sasajima | 2007-06-08 22:03 | 漫画関連
2007年 05月 07日

いや、まあ、なんというかさ。

最近の自分の百合物好きは、もう異常と言うほどのもので、
少しでもそういう要素のありそうな漫画を見つけたら手当たり次第といった状態です。(ぉぃ

それで本を買う時にちと困った事がある。
漫画本の表紙や裏、帯の絵ってのは内容を想像するのに便利なものですが、
最近は男が主人公でも常に男が出てくる話でも表には女の子の絵しかない漫画が
本当に多いんですよね。
女の子同士が抱き合ったり絡み合ってる表紙に「むぅこれは・・・」って思って
手にとって裏などを見るとそこに書いてある文章に「~~(男の名前)が好きな・・・」
とか書いてあって、心の中で「なんじゃそりゃ!」とツッコミを入れる感じです。

ところで、友人の女性が
「まあ、女の半分はファーストキスの相手は同姓の友人だったりするものよ」
とか言ってたんだけど、マジですか?
[PR]

by K_sasajima | 2007-05-07 22:59 | 漫画関連
2007年 01月 11日

かりん10

d0007329_1532096.jpg

なんか放置っぷりが酷い・・・・・。

まあ、それはさておきかりんの10巻が出ましたが、現代の話よりも
過去の話の方が面白いですよね。
かりんに魅力が無いというか、エルダの方が可愛いというか。
さらに言うなら、かりんよりヘンリーやカレラのほうが面白い。
可愛いといえば、セシリアの可愛さは半端無いですが、
あの彼女がブラウンリック家の策謀の為にあの男に・・・って考えるとちょっとブルーになる。
言葉すらなかったけど、ジェイムスとの視線の交わりはなんだったんだろうか?
もしかしたら、ジェイムスがヘンリーの嫁にとカレラを連れてきたのは
アルマーシュをブラウンリックの束縛から解き放つ為にセシリアと約束していた事だったりして。

影崎先生は、現代の話を作るのが下手なんじゃないかと思える。
櫻の一番というかりんの前に連載していた大正時代の漫画があるのですが、
こっちは全体的になかなか面白いです。
番外編としてでも良いので、エルダとジェイムスの出会いから、かりん第1話までの
物語を描いて欲しいと願う。
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-11 21:15 | 漫画関連
2006年 11月 02日

ハヤテのごとく①

今まで買おうか買うまいかずっと悩み続けていたところに、先月中旬頃古本屋で
かなり状態の良い1~7巻を発見、即買ってしまった。
読み始めた初っ端からとある違和感があったのですが、それはネット上で検索かけるうちに
あっさりと判明。
「畑健二郎」はかってに改造を書いていた「久米田康治」の弟子だった・・・・。
全体的な絵の雰囲気やテンポやノリが本当に良く似てる。
コマ割りや吹き出しの配置も良く似てるかな。

ちなみに私が好きなキャラベスト3は
1>マリア
1>桂 雛菊(ヒナギク)
3>鷺ノ宮 伊澄
マリアさんとヒナギクさんは2人ともかなり不幸な幼少時代送ってますよね。
マリアさんは3歳の時に教会のマリア像の前に捨てられていたところを拾われたから
名前がマリアになったという話だし、
ヒナギクさんはハヤテと同じように借金で両親が失踪してる。
この2人のどちらかでも幼少時代が幸せなものだったなら、そっちが確実に2位
になってたんでしょうけどね。

ちなみに
ヒナギクさんが剣道やってるという設定は好きだ。
その胴着をくれーー!! とか思ってたら、それじゃ東宮と同レベルか^^;
ナギが「だって、剣道の面ってスゲー汗くさいし。」って言うところで
「ヒナギクさんのならオールオッケイじゃー」と思ったのは私だけではないはずだw
[PR]

by K_sasajima | 2006-11-02 21:28 | 漫画関連
2006年 10月 11日

マンネリ漫画2 エレメンタルジェレイド「東 まゆみ」

アニメ化(すでに放映は終了)もされ連載当初は結構人気があったと思うのだが、
最近はやはり流れがぐだぐだになってきている。
クーとレンの関係がまーーーーーったく進展しないところとか、
全体的に牛歩な印象を受ける。
仲間が増えたと思ったら消えるようなのを繰り返したりするのも
マンネリ化の原因だと思う。
パーティーメンバーが変わらないもんだから、何度も同じ漫才見せられている
ような感じ。
キャラを殺す事で感動させようとしているのがかなり見え見え。
前に連載していたスターオーシャンは面白かったんだけどなあ。
この漫画家はオリジナルストーリーには向かないんじゃないか?
絵はものすごく上手い方だと思うんだけどね。
[PR]

by K_sasajima | 2006-10-11 11:36 | 漫画関連
2006年 09月 13日

マンネリ漫画1 かりん「影崎由那」

結構長い間続いてるけど、最近かなりマンネリ化してきたと思われる漫画について。
d0007329_1154935.jpg

6巻の表紙なのは、個人的に好きなキャラがのってるからw
初めは現代の吸血鬼の話という事で、他には無いような設定に惹かれたのですが、
最近ちょっと刺激的な展開が少なくて、続きが気になるから読むけど、面白いかと
問われるとやや首を傾げたくなるような状況が続いている。
もともと「かりん」自体、この作者の前の作品が好きだったから作者買いしたものだったり
するのだが。
[PR]

by K_sasajima | 2006-09-13 16:52 | 漫画関連
2006年 05月 29日

エマ 第7巻

発売されたのは数日前だけど今日買ってきました。
アニメ化もされて、結構知名度も高いと思われる漫画ですが、なんか中途半端なところで終わりましたな。

ちなみにこの漫画に出てくる組み合わせで私が好きなのは
1>リチャード×オーレリア
2>フレデリック×モニカ
3>ヴィルヘルム×ドロテア
実は意外とバカップルって好きだったりします^^;
モニカがあそこまで可愛い人だとは7巻見るまでは思わなかった。
なんか物凄いツンデレっぽいしな。

しかし、エレノアは結局不幸のどん底のまま終わってしまい、結構この先が気になったり。
アニーとの百合百合な展開を妄想したり・・・・・。
ただの主人とメイドじゃない、禁断度最高潮だ(ぉぃ
[PR]

by K_sasajima | 2006-05-29 19:32 | 漫画関連
2006年 03月 04日

もっと極上生徒会 アンソロジーVOL.2

d0007329_0281332.jpg

先月末に発売してたのですが、つい先日かって来ました。舞-乙HiME以外コレといってネタが無いのでこの本の感想を少し・・・。これから購入予定の人もいるだろうから、ネタばれは極力避けます。

>隠密のお仕事 [まったくモー助]
最近りのが夕方に弁当作って何処かに行くようになり、それを心配した奏が隠密に素行調査を頼む話。奏さん、その程度で個人のプライベートを・・・。とりあえず一番気になるのは何処へ行くとか誰と会うとか以前に、「りのが自分で弁当を作って・・・」って所ですね。あいつ料理できたんだろうかと・・・。

>憧れと現実 [桂木珠美]
奏とりのがテニスをやってて、それを香が覗き見してる話。・・・・というかそれだけw 題名が中身にぜんぜんあってません。

>ガンバレまゆら! [桂木珠美]
まあ、普段どおり節約させようとするまゆらと無駄使いする他のメンバーの戦いみたいな話。というかれいんが提案した学園内にカジノを作るとか言う話に久遠さんが賛同してるのが変。久遠さんの性格考えても、幾らなんでもカジノに賛同するとかありえない。そもそもこの人の漫画はキャラが全体的に全員変w

>乙女の事情 [秕惟苓]
これも恒例の、りのが奏と仲良くしている事に暴走する香の話です。なんの変哲もない話ですが、「笑顔で毒を吐く女性聖奈」がちょっと笑えます。

>極上なお茶会♪ [桂木珠美]
香が通販(?)で買った紅茶とりのが買って来た紅茶が入れ替わる話。名前がどう考えても紅茶と言うより緑茶っぽい。

>バストドリーム [桂木珠美]
幼児体形に悩むれいんに聖奈さんが怪しい薬を飲ませる話。どうなるかは伏せておきますが、聖奈さんの水着がありえないほどダサい・・・。

>みなも注意報 [タカムラマサヤ]
香に腕相撲で勝ったら遊撃に入れてやると奈々穂に言われたみなもがいろいろやる話。ちょっと聖奈さんのキャラが違うのが気になる。

>りののダイエット [桂木珠美]
食べすぎで太った自分に会う夢をみたりのがやせるために聖奈さんからダイエットスーツをもらったりする話。ってかまたあんたか聖奈さん・・・。この人の書く聖奈さんはなんでも屋になってます・・・変な趣味もあるしw

>SHOW MOST GO ON [さいとうじゅんじ 夢唄]
これは短編小説です。絢爛学園や岩桜学園なども参加する近隣高校による演劇大会の直前に宮神学園の演劇部でインフルエンザが急に流行るのだが、それがナフレスの工作だという話。途中で、久遠が裏切ったのではないかと感じたナフレスが工作員を潜入させるための陽動にインフルエンザをばら撒いたことが判明する。アニメの話以来のナフレス関係の話でなかなか面白い。久遠が本気で奈々穂にキスを迫ったりしたシーンが特に(ぉぃ 

ネタばれ避けると、物凄い単純なことしか書けん・・・・
まあ次は遡ってVOL1の事でも
[PR]

by K_sasajima | 2006-03-04 16:39 | 漫画関連
2005年 11月 28日

漫画版 舞乙HiME ①

まあ、買ってからはずいぶんとたつのですが・・・
絵を書いているのは前の舞HiMEを書いてた人と同じで、画力に関してはこの人なかなかいい感じだと思う。
しかし、前同様に内容がどうも納得できないところが多い

まずはキャラの扱い
原作アニメではガルデローべに異常とも言える途中入学を果たすアリカが、普通に入学試験を通過してすでに在学している扱いになっている。
ヴィントに来る旅費はもちろん、入学試験を受ける金など持ち合わせていないアニメ版の設定とかけ離れすぎている。

本当のマシロが殺されて、変わりに女顔でマシロに瓜二つの男がマシロを演じるというところまではまだ構わないのだが、男がガルデローべに入り込むという設定はやりすぎ。
アニメのナツキを考えるとどんな場合であっても男が入学するという異例は認めるわけが無い。

ユキノが国王、ハルカがその乙女という組み合わせはキャラ的にもなかなか美味しい設定なのに、漫画版ではただの署長と警部に成り下がっている。
これは明らかに、物語の展開する世界を狭めるための処置であると容易に想像できる。(漫画版にはエアリーズが無いと)

エルスティンの扱いがあまりに酷すぎる、アニメ版同様(?)二ナが好きなのだが、マシロ偽が来たせいで、アリカ、二ナ、エルスで使っていた寮の部屋からエルスが追い出される。
部屋から追い出されたココロの隙間をまきまきに狙われて操られ、アリカと舞踏する事になるのだが、その時の必殺技がアホ過ぎる、なんか思いっきり捨てキャラの技(なんだよスーパーバストインパクトって・・・)
舞踏が終って操りから開放されたと思ったら、その後3・4話まったく出てこない。
シズルやナツキの性格考えたら、事情を調べた後、相応の処置をとってくれると思うんだが、そういうの一切無し。

他にも細かいところはあるけどきりが無いので
全体的に前作漫画同様、舞乙HiMEならでは魅力や良いところが変えられ過ぎている。
作画の佐藤健悦が優秀なだけに、シナリオの樋口達人と吉野弘幸のへたれさがあまりに酷い

まあ、これだけ改悪されても十分楽しめる物として保っているのは、原作者の腕が良いって事なんだろうか

らくがき
[PR]

by K_sasajima | 2005-11-28 21:57 | 漫画関連
2005年 03月 20日

第二回 脳細胞による人気投票(ARIA)

今回はコミックブレイドで連載中の天野こずえ先生のARIA

テラフォーミングされた水の惑星アクア(改造前火星)に再現されたヴェネツィア "ネオ・ヴェネツィア"を舞台にした超ほのぼのストーリー
ネオ・ヴェネツィアで観光客を乗せてゴンドラを漕ぐ水先案内人(ウンディーネ)になることに憧れて地球からやってくる水無灯理を中心に物語が展開していきます
("水の惑星に水無かいな" とつっこまない様に)

作中で描かれる事は無いのですが、地球はほぼ全面機械化都市になってるっぽいです
きっと大規模な宇宙艦隊とかいるんだろうなあとか妄想しながら、作中にはそんなところとはまったく出てきません^^;

最近は漫画のアニメ化が多いですが、人気も高いこの作品がアニメ化されない理由は多分
"この漫画をアニメ化できるだけのアニメ製作会社、又はアニメ化を成功させる自信のある監督がいない"
って事だと思います
背景に手を抜くと周りの雰囲気が伝わりませんし、キャラの動きが少ないと、またほのぼの感が伝わらないと思う
放映中のネギまみたいにキャラで押し切れる漫画じゃ無いので、全体的な深い描き込みが重要になるんでしょうが、恐らくそれが可能な会社も監督もいなんでしょうね
まあ、中途半端なことで作られて、作品自体の価値を落とされても困るので、適当な奴らがでしゃばらないでいてくれるのには感謝しているかも

ほのぼの系が嫌いじゃない人には全力でお勧めする作品の一つです

正直あまりキャラとかばかり見るタイプの作品じゃないんだけど
とりあえずランキング↓

01位:アリシア
02位:アリス(アテナの教え子)
03位:晃
04位:藍華(晃の教え子)
05位:アテナ
06位:灯理(アリシアの教え子)


追記
もし興味が出て買ってみようと思った人へ
ARIAの前にAQUAという名前で2巻出ています
そっちが本当の第1巻なのでそちらからご覧ください

第1巻
第2巻
[PR]

by K_sasajima | 2005-03-20 10:22 | 漫画関連