カテゴリ:百合作品紹介( 8 )


2007年 11月 29日

ナ*ナ*キ!!

d0007329_4123113.jpgd0007329_4124063.jpgd0007329_4124575.jpg

キャラ
★★★☆☆
物語
★☆☆☆☆
百合度
★★★☆☆
男殆どいない度
★★★★☆




百合というよりは、女子校生3人のドタバタ劇・・・・だったはずなんだけど・・・、
2巻の最後の方から急に変な展開になっていきます。
主人公の親友の一人の兄が殺人事件を起してどうたらこうたら・・・。
正直本編を見ただけでは作者が何を表現したかったのかさっぱりわかりません。

ただ、3巻のラストのあとがきに一言
「女のコ同士の関係において男とはデストロイヤーなのだよ」と書いてあります。
まさかとは思うけど、それを言いたいが為に親友の兄に殺人させたとか・・・。
もっと別の方法なかったんだろうか?
グループの誰か(又は二人ぐらい)に彼氏が出来て皆が疎遠になりかけるけど、
結局皆でいる方が楽しいとか安心できるとか、そういう流れじゃ駄目だったんですかね。
絵柄は可愛いし、コマの使い方とか上手い方だと思ってたので、あのラストが残念としか。
[PR]

by K_sasajima | 2007-11-29 22:12 | 百合作品紹介
2007年 03月 09日

相沢家のえとせとら

d0007329_100523.jpg

キャラ
★★★★☆
物語
★★☆☆☆
百合度
★★★★☆




メインキャラの紹介と感想

相沢 空:(表紙右)
長女で21歳、シナリオライター。
三女の祐海が好きだと言いながら良くチョッカイを出しているのですが、
私的感想だと、イザという時に空が手を取りそうなのは次女のりくの方だと思うんですよね。
良くつるんでるし、言いたいこと言い合える仲みたいですしね。

相沢 りく:(表紙左)
次女、高校2年(16歳?)
所謂ボケキャラ?
祐海の方には同級生キャラがいるせいか、姉の空との絡みが本当に多いです・・はい。
一応りくにも同級生1人出てくるんだけど、影薄すぎるよ。

相沢 祐海:(表紙中央)
三女、高校1年(15歳?)
どちらかといえば弄られキャラ。
友人キャラが2人いるうえに、祐海を慕うガチ百合幼女がいるので、登場回数は最多かも。
祐海が同じクラスの男子(石神)が好きだと言う設定がこのマンガ唯一の問題点。
ただこの石神、1巻の時点では祐海にはまったく興味が無く、ただのクラスメイトレベルなのが
せめてもの救い。

城小路 このえ:(表紙にはいない^^;)
中盤から登場するガチ百合幼女で祐海の幼馴染。
祐海の4つ下ということなので、初登場時で12歳かな。
祐海とクラスメイトになりたいが為に飛び級した、天才でもある。
百合レベルではこのマンガ最高レベル。


マンガタイム系の本なので4コマでストーリー性が低いのは致し方ない。
2巻が出るのが約1年半後というのもマンガタイム系の問題点だなあ。
[PR]

by K_sasajima | 2007-03-09 10:28 | 百合作品紹介
2007年 02月 01日

SCAPE-GOD(スケープゴッド)

d0007329_19182188.jpg

キャラ
★★★★☆
物語
★☆☆☆☆
百合度
★★★★☆

特異と呼ばれるモンスターが頻繁に出現する世界での、
ガチレズと神様の話(適当過ぎるw)

親友に告白したり、隣の住んでた外人さんに襲い掛かったりと
なかなか面白い行動をしてくれる主人公ですが、
全体的な流れは正直なところ微妙。

振られたとは言え、好きだった友人が殺されても反応が薄かったり、
初仕事から、知名度が上がるまでの経緯が省かれてたり、
急にひつじさんが消えたり・・・・・とまあ展開が急すぎるのですよ。
世界観に関しては面白いのだから、同じ内容で5巻ぐらいに
分けてくれれば読み応えのある作品になってたような気がする。
小説が原作らしいのですが、原作もこうなのか、原作はもっと
細かく語られているのかは読んでないのでわかりません。

そういや、あの冒頭で告白して、殺された友人はなんであそこで
殺されていたんだ?
まさかとは思うけど、考え直してみた結果、告白を受け入れようとして
主人公の家を訪ねて来た時に殺されてしまったのか?
そのあたりの流れももう少し詳しく書いてくれればよかったんだがな。
[PR]

by K_sasajima | 2007-02-01 19:17 | 百合作品紹介
2007年 01月 24日

魔法のじゅもん

d0007329_2041275.jpg

キャラ
★★★☆☆
物語
★★★☆☆
百合度
★★★★★

「夢みたいな星みたいな」と同じ作者。

漫画タイムキララMAXにて連載している作品なので4コマ。
そのせいでストーリー性はやや薄いかも。



それを差し引いても登場キャラの設定が笑える。
野村ちず子:ガチレズで変態ドMの魔法使い、ユリネが好き(中央)
田見屋ユリネ:ヘンデレ、微Sのマジシャン見習い(左側)
大沢のぶ子:微ツンデレ、ちず子の幼馴染、魔法使い見習い、ちず子が好き(右側)

まあ、簡単に言うなら・・・
変態と変態の乳繰り合いとそれに突っ込みを入れるツンデレの話(ぉぃ!
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-24 20:03 | 百合作品紹介
2007年 01月 20日

京四郎と永遠の空

d0007329_8554640.jpgd0007329_8555421.jpg
キャラ
★★★★☆
物語
★★☆☆☆
百合度
★★☆☆☆
(カオンとヒミコ限定で)
★★★★★

介錯の作品、鋼鉄天使くるみ~神無月の巫女までに登場したキャラや設定の
オンパレードで構成されている作品。
これまでの介錯の作品と違って、妙に女の子向けの展開が・・・・。
カッコいい人なら、女の子をいきなり脱がせても、キスしてもOKみたいなところが
ますます少女コミック的な展開な気がする。
しかしまあ、京四郎との関係ならせつなの方が好きです。
白鳥空はなんというか、個人的に嫌いな女性のタイプかも。
せつなは、絶対天使だから好きになってもらえない上に何時か殺されると
分かった上でこれまでそばにいたのに、突然空が横からやってきて、同じ絶対天使で
ありながらあっさり奪われたものだから、たまらんだろうな。
あのまま暴走して、空を始末しちゃっても私が許そう。
(それじゃ物語が終わってしまいそうだが)

まあ実際、京四郎とかどうでも良くて、私が一番気にしているのは言うまでも無く
カオンとヒミコですね。
神無月のラストの続きを見せてくれるのかと思ったら、また何かに縛られて
満足に触れ合う事も出来ないようで切ない。
初登場シーンになぜかどデカイ鳥居の上で写生してたのは笑えたけど。
2巻の中盤で消えて出てこなくなったけど、まさかあれで終わりとか言わんよね?

カオンとヒミコって、少し大人しいながらも素直な夜々と、周りの見えている光莉
にも見える^^;
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-20 21:55 | 百合作品紹介
2007年 01月 15日

夢みたいな星みたいな

d0007329_9265018.jpg

キャラ
★★★★☆
物語
★★★☆☆
百合度
★★★★☆


百合作品としては結構有名な作品、たった1冊の短編である事が惜しまれる。

初めに呼んだ時に吹いたのが2人の主人公の名前。
「明治あぽろ」左
「森永ちろる」右
アポロチョコレートにチロルチョコですか^^;

この作中で気になるのがちろるのお兄さん。
顔も出てこないような設定上のキャラみたいなものですが、ちょっと変態というか変人というか、
妹であるちろるに水着・・・ぐらいならともかく、なんと下着まで買って送っているようなのです。
途中で他の女性と結婚するという話が出てきて、そこでちろると電話で会話するシーンがある
のですが、そこを見る限りでは普通の人なんですけどね。
でもやっぱ変だろ。

個人的に好きなカップルは、ぐりこと聖華(製菓か?w)
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-15 23:26 | 百合作品紹介
2007年 01月 14日

百合星人ナオコサン

d0007329_1137371.jpg
キャラ
★★★☆☆
物語
★★☆☆☆
百合度
★☆☆☆☆

百合作品と言うより、ギャグ漫画。
百合星から来たナオコサンは、太古の昔より地球の生命の進化を調整してきた種族
らしいのだが、真偽は不明。
ナオコサンの言動も面白いのだが、彩ちゃんの微妙に素直なツンデレっぷりも笑える。
初回版には変な主題歌CDが付いてくるのだが、かなりの電波。
(つまり初回版を買ってしまった^^;)
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-14 11:31 | 百合作品紹介
2007年 01月 12日

14、ジューシー

d0007329_1550856.jpg

キャラ
★★★★☆
物語
★☆☆☆☆
百合度
★★☆☆☆

幾つかの百合系サイトで紹介されていたので買ってみたのですが、
百合作品としは正直微妙なところ。
結城リエコと野上真奈(表紙の上の2人)は確かに百合っぽい関係なのですが、
それだけです。
といってもこの2人、特に真奈の百合っぷりはいい感じ。
メガネかけてる娘(表紙の三人目)は完全に兄好きキャラ。

個人的に評価が低めな理由として、登場する女の子がどうも節操無しに見える。
自分の胸に男子の顔押し付けたりする事を抵抗も無くやってしまったり、
その行為が広まったりと、いろいろ問題点が多い。
運動で怪我をした男子(だと思っていた相手)にキスしまくったりするシーンもあったか・・・・。

まあ、百合作品だと過度に期待しなければ普通に面白い漫画ですね。
[PR]

by K_sasajima | 2007-01-12 17:49 | 百合作品紹介